木戸じゅん。

贋作ミニマリストのブログ

証券会社の投資信託はじめます。あとロボアドの収益報告。

f:id:kidomeguru:20190629140747j:plain

節約と貯金と投資をする理由はセミリタイヤのため。

木戸めぐるです。

 

 

セミリタイヤのために

これまでにやってきたこと

昨今、「年金だけではウン千万円足りない」の話が巷を席巻しています(2019年6月時点)。

私からすれば「そんなにお金要らんやろ」という思い6割、「10年後の予測も立てられないのにその先の老後などとんでもない」という思い3割で、蚊帳の外に居るような状態です。

残り1割は「年金もらうまで生きてない」という曖昧な予想。

 

で、私はしばらく前からロボアドバイザー「テオ」や、

theo.blue

 

固定費をおさえるべく安い家に引っ越したりと、少しずつ準備を進めてきました。

kidomeguru.hatenablog.com

 

最近ではあまりにもだらしない食生活を正すべく、改善中。

 

 

食費を抑えることの是非については、人によっては意見がわかれるでしょうが、お酒などの嗜好品やエンプティカロリー(カロリーが高く栄養価が低い)食品への支出を見直すことは、自分にとっては是です。

 

嗜好品が日々の潤いという人は必要な支出として勘定できるでしょう。

しかし自分の場合は「退屈しのぎに嗜好品を食べる」ことが多く、体重増加待ったなし、あまりいいことがありません。

自分にいいことは自力で引き寄せられるよう努力したいもの。

ストロー(通常仕様盤)

ストロー(通常仕様盤)

 

 

これからやるべきこと

私はどちらかというと、刹那的な考えの持ち主だと思います(自己分析による)。

冒頭で「老後まで生きてないかも」と書いたのなんか、まさにそれ。

目先の楽しみ(退屈しのぎの嗜好品)を求めてしまうのもそうかもしれません。

 

そんな人間は節約や貯金や投資には程遠いもの、と私も思うのですが、セミリタイヤについては少しだけ積極的に動けるのです。

 

セミリタイヤするとなると、自分の場合心配の種はお金になります。

だから、セミリタイヤできるかの基準は「働かず得られる金額が最低限の生活費を超えた場合」になります。

無駄にVBAで表現すると以下の通り。

f:id:kidomeguru:20190629144459p:plain

 

自分の場合は、最低限の生活費は税金を考慮して150万円というところ。東京以外の地方都市ならもっと安くなるでしょう。

よって、働かずに得られる収入がそれ以上でなくてはなりません。

年利5%で運用するなら、3千万は必要ということになります。

 

具体的な取り組み

資産を増やすなら早めに始めたほうがいいということで、証券会社に口座を開設しました。

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)

 

はじめはSBI証券一択でしたが、楽天証券楽天カード経由で投資すると月5万円までは楽天スーパーポイントが付きます(つまり最高500円)。

言ってしまえば、年利1%と等価。

手に入れた楽天スーパーポイントをまた投資に回すこともできるので、じわじわ増えていくことでしょう。

www.rakuten-sec.co.jp

 

投資手段は投資信託、投資先はインデックスファンドです。

www.toushikiso.com

インデックスファンドもいろいろあるのですが、自分の資金をどこに投資したいかというと、「全世界株式」です。

初心者がいきなり完璧なポートフォリオ(投資先配分)の構成はできません。

 

なので、投資初心者向けの本に乗っていたオススメの投資先一本に夏のボーナス8割をぶち込みます、いやぶち込みました

日本一カンタンな「投資」と「お金」の本

日本一カンタンな「投資」と「お金」の本

 

 今勤めている会社でもらう最後のボーナスでしたが、初めての投資信託に使えたので、いい記念になりました。

 

「THEO」の収益

そういえば、昨年12月にロボアドバイザー「THEO」を始めていたのですが、

kidomeguru.hatenablog.com

 

ちょこちょこと半年程度積み立ててきたので、ここらで現在の状態を載せておきます。

f:id:kidomeguru:20190629151839p:plain

年利3.46%で推移していますので、トータルでプラスです。

一度大きく下がったところもありますが、そのままにしておいたらプラスに。

THEOは短期の株式売買やFXなどより、長期運用する投資信託に近い、ということが最近ようやく理解できました。

 

セミリタイヤは遠き理想郷ですが、遠いからこそ少しずつ歩みを進めていく楽しみがあるというもの。

dic.pixiv.net

 

目指せ住所不定、流浪の小金持ち。

それでは、また。