木戸じゅん。

贋作ミニマリストのブログ

『冬服を手放せるか』チャレンジをやることにした、という話

f:id:kidomeguru:20190203215142p:plain

タイトルには『冬服』と書いているけれど、私が持っている冬服は以下の通りで、そこまで多くない(と思う)。他は通年で着ているので除外。

・薄手のジャケット

・マフラー

・グローブ

ユニクロヒートテックインナー(上下)

 

それ以外は持っていないのだけど、「自分を鍛えて持ち物への依存を減らしたい」と考える人間としては、寒さに強くなれれば冬服が不要になるのではないか、と思ったわけだ。

 

調べてみたら、すごい人がいた。

ICEMAN 病気にならない体のつくりかた

ICEMAN 病気にならない体のつくりかた

 

アイスマン、ヴィム・ホフ氏。

パッケージからしてすごいのだけど、真夏のビーチにでかけるような格好で氷点下の雪山に登山したり、真冬の凍った湖に飛び込んで遊泳したりと、同じ人間とは思えない。

 

この人のようになるつもりはないけど、トレーニングメソッドはやってみようと思う、というか早速試した。

・コールドトレーニング(冷水シャワー、氷水に手足をつける)

・呼吸エクササイズ

 

実際にやってみると、確かに体が暖かくなる。

くわえて、寒さを恐れる感覚が若干和らぐようになった。

冷水シャワーはまだ末端しかできないけど、呼吸エクササイズは手軽にできそうなので瞑想しながら取り組むことにした。

 

この記事を書いている現在、室内で半袖短パン。インナーは夏用。室温は暖房27度から20度に下げた。

レーニングを続けて寒さに耐性がついたら、オールシーズン同じ格好で過ごせるし、厳しい環境にも耐えられるようになるだろう。

なんだか楽しみになってきた。