木戸じゅん。

贋作ミニマリストのブログ

災害の備えとして。コンパクトガスバーナーを推奨します

みなさん、災害時の備え、していますか?

 

昨今は自然災害発生時を想定して備えることを、行政側が積極的に推進することが当たり前になってきました。

f:id:kidomeguru:20181115094432p:plain

 

とはいえ、災害時に本当に必要なものは、その時にならないとわからないものです。

そのようなニーズに応え、「これだけあれば当面は大丈夫」と言えるような、避難用アイテムを詰め合わせたものが売れています。

 

私はそこに、「コンパクトバーナー」というアイテムを加えることをオススメします。

私が使っているのは以下のもの。

 今回は、コンパクトバーナーのメリットを解説します。

 

なぜ、コンパクトバーナーなのか

①ガス缶があれば火を使える

コンパクトバーナーで、料理用のを使うことができます。

災害時に電気が使えなくなるなんて、ちょっと想像すれば理解できると思います。そうなると、一気に食生活が寂しくなります。

備蓄用食料も味わいがありますが、たまにはカップラーメンでもいいから食べたいもの(贅沢言ってられない状態ですが)。

そんなとき、コンパクトバーナーとガス缶と水とコッヘルがあれば、火を使ってお湯をわかすことができます。

水だけあっても、それが急に熱湯に変わることはありません。

 

②コンパクトに収納できて持ち運びがラク 

コンパクトバーナーは、もともとキャンプ用品として開発されたものです。

キャンプでは、持ち運びの難しいものは避けられます。アイテムは、せいぜいバックパックに収まる程度でなければなりません。

その点、コンパクトバーナーは十分クリアしていると言えます。

 

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー」を推す理由

理由① CB缶という汎用性の高いパワーソースが使える

アウトドアキャンプしない人には知られていませんが、ガス缶には2種類あります。CB缶とOD缶です。

 

こちら↓がCB缶です。

イワタニ カセットガス パワーゴールド CB-250-PG
 

 

こちら↓はOD缶です。

ソト(SOTO) パワーガス250 トリプルミックス SOD-725T

ソト(SOTO) パワーガス250 トリプルミックス SOD-725T

 

 両者は見ての通り、形が全く異なります。そのため、ガス器具に互換性がありません。

そうなると、どちらかを選んでガス器具を選ぶ必要があります。CB缶か、OD缶か。

流通量が多いのは、CB缶です。コンビニでも売られています。

OD缶はアウトドア用品を扱うお店ぐらいしか取り扱っていません。

 

ガス缶は、火を使い続ければ中身のガスが消耗していき、消耗しきったら交換しなければなりません。

その点、入手しやすいCB缶にはアドバンテージがあります。

 

理由② 調理用コッヘルに収まるほどコンパクト

 以下の写真は、私の使っているバーナーです。

f:id:kidomeguru:20181115100830j:plain

 

これを緑色の専用収納ケースに入れ、さらに料理用コッヘルに入れるとこうなります。

f:id:kidomeguru:20181115102428j:plain

 

ガス缶とセットで、これぐらいのコンパクトさ。

f:id:kidomeguru:20181115102544j:plain

 

コッヘルは以下の製品です。コンパクトバーナーが収まるサイズであることを調べてから買いました。

スノーピーク(snow peak) トレック 900 SCS-008

スノーピーク(snow peak) トレック 900 SCS-008

 

調理用品がなければ、水や食材があっても調理できませんから、コッヘルは必須です。 

どうせ使うのであれば、コンパクトバーナーとセットで使えるものを、という合理的判断です。

 

理由③ 広く流通している岩谷産業のガス缶を使える

近所のセブンイレブン岩谷産業製ガス缶が売られていましたので、「これなら容易に入手できる」と判断し、同社製ガスバーナーを選択しました。

 

一般的なガス缶(CB缶、250g)は何日で使い切るか

使用用途によって変わりますが、私の場合は3~4週間(21日~28日)程度でガス缶が空になります。

私は以下の用途・条件で使っています。

・ほぼ毎日、みそ汁2杯分(350ml程度)のお湯を沸かす

・気が向いた時に、インスタントコーヒー用のお湯(160ml程度)を沸かす

 

ガス缶の単価はいくらか

セブンイレブンなら1本あたり300円以下で購入可能です。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー」には100均ショップのガス缶も使えるらしいですが、私は使っていません。ガス漏れが怖いので。

岩谷産業も同社製ガス缶の使用を推奨しています、と一応書いておきます。

 

 最後に一言

災害の備えとしてコンパクトバーナーを推奨しますが、日常的に使用して慣れておくこともオススメします。

初めて使うガス器具を扱うのは、怖いものです。ですが、そんなものは慣れてしまえば平気です。躊躇せずガンガン使ってあげましょう。

 

ただし、ガス漏れと火の取り扱いには注意してくださいね!