木戸じゅん。

~副題 is Nothing~

画面の一部を切り取って画像にできる! スナイピングツールの使い方を解説

f:id:kidomeguru:20181113190729p:plain

デスクトップ画面の一部を切り取って画像として保存したい

必要な箇所だけ資料に貼り付けたい

といった時の強い味方、スナイピングツールを紹介します。

(スニッピングツールと表記する人も居ます)

Windows Vista以降のWindowsPCには、同ツールが標準で搭載されていますので、インストールは不要です。

このツールを使えるようになると、ブログやドキュメントに気軽に画像を挿入できて、表現力が上がりますので、ぜひ活用してみてください。

f:id:kidomeguru:20181113185854p:plain

 

どのような使い方ができるか

①デスクトップの一部を画像として保存

②デスクトップの一部をコピーペースト

私はツイッター用の画像を用意するときに①を、ブログ/ドキュメントに画像を貼り付けたい時に②の使い方をしています。

 

使い方① デスクトップの一部を画像として保存

(Windows10の場合)タスクバーの検索バーに「snip」と入力します。

f:id:kidomeguru:20181113070504p:plain

 

Snipping Tool」が検索結果として表示されたら、Enterキーを押します。 

f:id:kidomeguru:20181113070844p:plain

 

スナイピングツールが起動します。なお、同ツールは『Windowsアクセサリ』の中に登録されていますので、そこから起動させることも可能です。

f:id:kidomeguru:20181113070907p:plain

 

新規作成ボタンを押すと、マウスカーソルのアイコンが+マークに変わります。

f:id:kidomeguru:20181113071156p:plain

 

画面で切り取りたい領域をドラッグアンドドロップで選択すると、選択した領域がスナイピングツールに取り込まれます。

f:id:kidomeguru:20181113071409p:plain

 

切り取った領域をファイルとして保存するには、「ファイル」→「名前をつけて保存」を選択します。 

f:id:kidomeguru:20181113071544p:plain

 

画像の保存先フォルダ選択 → ファイル名を入力 → ファイルの種類を選択し、「保存」ボタンを押します。

(ファイルの種類はお好みでよいです。ここではJPEGを選択します)

f:id:kidomeguru:20181113071613p:plain

 

保存先に指定したフォルダを開くと、画像ファイルが保存されています。

f:id:kidomeguru:20181113071955p:plain

 

使い方② 切り取った画像をExcelファイルなどに貼り付ける方法

以下は、すでにドラッグアンドドロップでスナイピングツールに画像を取り込んだ状態です。

f:id:kidomeguru:20181113071417p:plain

 

切り取った画像の上(赤枠内)で右クリック→「コピー」を選択します。

f:id:kidomeguru:20181113191744p:plain

 

ここでは例として、Excelにペーストします。ワークシート上でCtrlキー+Vキーで貼り付けると、以下の状態になります。

f:id:kidomeguru:20181113192118p:plain

 

この方法は、画像を保存すること無くドキュメントに貼り付けられるので、マニュアル作りなどでは非常に重宝します。

 

便利だけど意外と知られていないツール

同じ場所で働く仲間にインタビューしたところ、スナイピングツールを知る人と知らない人で半々といったところでした。

この記事も同ツールを駆使して作成しています。趣味や仕事の助けになるツールなので、覚えていておいて損はないです。

 

私は、Windowsのタスクバーに登録して、いつでも使えるようにしています。これなしでブログ記事を書いたり、文書作成したりは、もうできそうにありません。

f:id:kidomeguru:20181113193048p:plain