木戸じゅん。

贋作ミニマリストのブログ

【断捨離】テーブルとチェアの処分は難しいです。購入はよく考えて。

以下の記事で、立ちながら作業するスタイルを採用した経緯について書きました。

kidomeguru.hatenablog.com

 

これにより、「机」と「椅子」が私の生活から必要なくなりました。

今回は、手放すことを決めたモノの紹介と、処分方法について書いていきます。

手放したモノたち

私が持つものは、基本的に「コンパクトに収納可能」を基準に採用しています。目的は、引っ越しにかかるあらゆる手間を省くためです。

 

ノートパソコン用デスクは以下のものを使っていました。

 椅子は以下の製品を使っていました。

 

まだ使えるので、いろいろと処分方法を検討しました。

 

処分方法検討① リサイクルショップへ売却

これまで、物を手放すときは買い取りを行ってくれるリサイクルショップに査定をお願いしていました。

今回も同じように、店頭へ上記2点を持っていったのですが、なんと衣料品や服飾品以外はすでに買い取りを行わなくなっていました。

他のリサイクルショップを探してみると、タクシーを使わないと厳しい距離にありました……

私は敗北者の気分で、重い荷物を持って自宅に泣く泣く帰りました。

 

処分方法検討② ネットオークションやフリーマーケットで売却

続いて、オークションアプリやフリマアプリで売ることを検討。

商品の写真を撮り、説明文を書いて、注意事項を書いて……そこで私は、ふと気づきました。

めんどうくさい」と。

ネットで売っても、使用済みだからたいした額にはならない。購入者とのやり取りや梱包の手間を考えると、むしろマイナス。

結論として、ネットオークションで売ることも諦めました。

 

売る以外の選択肢を検討

f:id:kidomeguru:20181112144215p:plain

持ち続けることも考えました、一応。

しかし、リサイクルショップから自宅へ運ぶ間、「これらがすぐ手元から消えるならお金を払っても良い」と考えていたことを思い出し、持ち続ける選択肢も消しました。

 

今後は、欲しいという知人が居ないか探します。欲しがりそうな人にアテはありませんが……

それもダメなら処分するつもりです。

 

今回の件で、私が面倒くさがりであることを再認識しましたので、手放しにくいモノの購入には、より慎重になろうと決めました。

 

以上。