木戸めぐるの巡回動機

~副題はまだない~

起業→失敗…でも人生は終了しない! イケダハヤトさんの動画の感想を語る

イケダハヤトさんの『会社辞めて独立起業に失敗したら人生終了?再就職すればいいだけだよ。』という動画を見ましたので、感想をつらつらと。

www.youtube.com

 

全体的に見て、実に起業家らしい意見だな、と思いました。起業に失敗してもその人にとっては得難い経験になる、と捉えているようでした。

 

起業に失敗しても大丈夫

起業失敗してもその人が「能力のない人ではない」し、「人生終了しない」、ということ。

VBA風にコーディングするとこう(↓)なります。

f:id:kidomeguru:20181018112611p:plain

わからない人のために解説しますと、上記のプログラムは、

「もし起業の結果が『失敗』の場合、『失敗しても人生終了じゃありません』と告げる」ものです。

 

転職活動経験の少ない私の視点からでは、「起業失敗すると経歴に傷がつく」と思いがちですが、むしろ逆で、「起業経験がある方が人材として貴重」ということらしいです。

「事業立ち上げを経験している」「経営者感覚をもっている」「業務を一通りできる」などなど、確かに今の私の持たない能力を、起業経験者はもっているということになります。

むしろ、「事業に失敗した人は駄目な人」と考えるような会社には、自分には向いていないということで、再就職先のフィルタから外すことができます。

 

起業すること自体が簡単ではない

これは思います。というか、起業しようと決意しない限り、事業を立ち上げる手順を調べて実践するなんてことはしません。

「法的な手続き」「収益化する方法」「立ち上げ資金確保」など、少なくともプログラマーをやっていたらまず考えませんから。もし考えていたとしたら、その人は「独立」を検討しているということですから、もはや起業者に近づいていると言えます。

 

ローコストで起業し、失敗したら再就職すればよい

事業がうまくいかなかった時のために、イケダハヤトさんはローコスト事業立ち上げを挙げています。ブログ、YouTube、noteとか、そういったソーシャルメディアも事業の範囲に含んでいるようです。

広告してほしい企業からすればメディアで紹介してくれる人っていうのは、いわば取引先ですから、個人でブログを運営している人も『事業者』と言えます。

 

そして、再就職して再起すれば人生はまだ終わらない、とも言っています。

よほど大きな債務を抱えてしまっても、いざとなったら日本では法的整理の手段も取れますので、多額の借金=人生終了とはならないでしょう。

ただし、一時的に生活レベルが下がるはずですので、その点で考えると、プライドが高いと損かもしれませんね。

 

この記事は動画感想なので、別に私が新たに起業しようとしているとか、そういうわけじゃありません。あしからず。

ただ、このような動画が面白いと感じるイチ視聴者なだけです。

 

この記事を書いた人のツイッターはこちらです。

木戸めぐる (@kidoumawari) | Twitter