木戸めぐるの巡回動機

~副題はまだない~

Python初心者がはじめてのプログラムづくり&はじめてのデバッグ、そして完成

Pythonの教科書を読みながらプログラムづくりします。

教科書はこちら(↓)。  

 

 

氏名と文字列を入力してセリフ形式にして喋らせるプログラムを作る

プログラムを作るために、ソースコードエディターを開きます。

IDLEを起動して、メニュー→File→New Fileを選択。

f:id:kidomeguru:20181015181449p:plain

起動したエディターにコードを入力していきます。

f:id:kidomeguru:20181015190112p:plain

入力が終わったら、ソースコードを保存します。

メニュー→File→Saveを選択。

f:id:kidomeguru:20181015182804p:plain

ダイアログで「Serifu1」という名前をつけて保存します。

f:id:kidomeguru:20181015183020p:plain起動しているPythonのアプリを閉じて、保存したファイルを開きます。

 

保存して実行! が、駄目……っ

やってみたら一瞬だけ黒いウインドウが開くだけで、氏名を聞いてきません。

なんでだろう、と思って再度エディターを開き、F5を押下すると、こんなポップアップが。

f:id:kidomeguru:20181015183919p:plain

・・・よくわかりません、先生。

OKを押すと、なにやら赤く点灯する箇所がありました。

f:id:kidomeguru:20181015184121p:plain

ああ、こうやって間違ったソースを教えてくれるのね。親切。

ただ、ExcelVBAのエディタに慣れていると、全角スペースが挿入されていても無視してくれるので、やりがちなミスです。

 

修正して再実行する

指摘された箇所を直し、ついでに入力待ちのマーク「>」を挿入し、保存し、再度実行します。

f:id:kidomeguru:20181015184652p:plain

やったぜ。

 

そして、3つの入力要求にすべて回答すると・・・

f:id:kidomeguru:20181015184844p:plain

こういう結果(↓)になりました。

f:id:kidomeguru:20181015184942p:plain

 

感想

ExcelVBAと同じような感覚でコーディングすると、今回のようなエラーを繰り返すので、切り替えが必要ですね。

そしてデバッグソースコードエディターでやるとよいとわかりました。

 

f:id:kidomeguru:20181015185643p:plain