木戸じゅん。

猫のように身軽に生きる

メンタル

見たものを見たまま捉えて、タグ付けしない

平穏なメンタル状態を維持するため、しばらく前から心がけているのは、日常で遭遇した事象にタグ付けしないことだ。 どういうことかというと、たとえば歩きスマホをしている人を見たとしても、「歩きながらスマホを操作している人がいるな」で終わらせる、と…

「不快でないか」「安全か危険か」の2つを行動基準にする

私が外出をしぶる理由の一つに、「歩くのが危険だから」というものがある。 わかる人にはわかる、わからない人にはわからないようなことだが、街中で歩道を歩いていると、こっちに突撃してくる自転車や自動車が気になってしまう。 これは周りに注意をはらっ…

無心の日常動作が退屈をつぶしてくれる

以前、「趣味は楽しまなくてもいい」という意見を語る、珍妙な記事を書いた。 今回はこの記事の続きという位置づけである。 kidomeguru.hatenablog.com 人が趣味を求めているのはなぜか、と聞かれたら、私は「退屈を潰すため」と回答する。 人はなぜか退屈す…

「歩きタバコ」「歩きスマホ」に腹が立ってもスルーしたほうがいい

「歩きタバコ」「歩きスマホ」は、マナーのある人間の振る舞いではない。 けれど、それには反応しないことをオススメする。 上記2つは散歩でもしていればどこかでみかけてもおかしくないが、人によっては他にも気になるマナー違反はあるだろう。 歩道を横一…

「判断疲れ」はいつやってきてもおかしくない。無駄な判断はやめて力を節約しよう

「判断力」とは、人間が無意識のうちに使っている脳内の働きであり、リソースだ。 この能力があるから、人間は食べ物を選り好んで食べたり、危険回避するために予防することができる。 そんな不可欠な能力だが、いくらでも使い続けられるわけではない。 使い…

朝イチで達成感を得る方法

朝、目が覚めたときあなたは何をするだろうか。 私は頭を空にして、ベッドメイキングをしている。 なぜベッドメイキングなのか? それは、起きてから一番早く自己コントロール感を得られる行為だからだ。 何もしないままだと、ベッドは乱れたままだ。その光…

「小さな習慣」で私は自己肯定したい。ならば、実践あるのみ

「小さな習慣」という本を読んで、自分にもできそうだったので、新しいことを始めてみた。